日々のゲームプレイ状況を中心に更新するBlog。箱○&PS3の実績/トロフィーメインの記事が多いかも

--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ:スポンサー広告
2010/08/16(月) 19:12
20100816-01.jpg

「ゲームキャプチャ環境のススメ」連載記事第4回目。
前回まででキャプチャボードから動画を制作するところまで解説したので、
いよいよUstreamでのLIVE配信を記事にしていこうと思います。

この連載記事では、以下の3ステップに分けて解説をしていきます。

STEP1:PC画面にゲームを映して、ゲームの美しい静止画像を保存する
STEP2:キャプチャしたゲーム画面を動画として保存&動画サイトにアップ
STEP3:ゲームをプレイしながらその映像をUstreamでLIVE配信


今回の記事はSTEP3になります。



【ゲームキャプチャ環境のススメ ④ Ustream配信編(EASY)】

※この記事はできるだけ事実に基づいて記述していますが、この記事を参考にして
 何らかの不利益があった場合、当Blog及びなつきは一切の責任を負うことができません。
 あらかじめご了承のうえ、記事を閲覧してください。

※この記事はキャプチャや動画配信について記載していますが、広く紹介する記事ではなく
 あくまでも私が現在導入している環境を紹介しているだけです。

※ゲームの映像や静止画・音楽などの各種リソースは全て著作権で保護されています。
 Blogなどのネットメディアにアップロードする際には必ず自己の責任においてお願いします。



LIVE配信とは言わずもがな、自分がプレイしている状況をそのままリアルタイムで
ネット上で配信すること。どうしても視聴者と数秒のズレは発生してしまうけれど、
プレイ状況を視聴者と共有する感覚は他の何者にも代え難いものがある。
これがまたハマるんだw

LIVE実況配信といえばニコ生が有名だけど、私はニコ生をあまり見ない人間で
やったこともないので、Ustreamのほうで解説していきます。

まずはUstreamにアクセスして右上の「サインアップ」を選択。
ユーザー名やらパスワード、生年月日(これは適当でいいかも)を入力して登録。
自分ですぐに配信しなくても、アカウントを作っておくと気になる番組をフォローしたり
できるので、とりあえず作っておくといいかも。
もちろん無料です。


ログインしたら、まず最初に番組設定から開始。

20100816-11.gif

番組名・ロゴ・カテゴリーなどを入力。
初めての人にはわかりにくいかもだけど…Ustreamは複数の番組を作れるけど
普通に垂れ流すなら、1番組だけで十分です。
なので、毎回LIVE配信ごとに番組を作るわけではありません。よってとりあえず
最初は1番組だけ作っておけば問題なし。私も1番組しか持ってないしw

イメージとしては「日テレ」とか「フジテレビ」をまず最初に作って、そこで
色々なLIVE配信をしていく感じかな。
ただ、ゲームとは全然違うジャンルの配信を別にやる、という時には違う番組を
作ったほうがいいかもしれないけど。

「番組設定」には複数のタブがあり、テーマやOff-Air設定が弄れるけど
このあたりは結構適当でも構わない。
上記に紹介した「基本」以外で弄っておいたほうがいいのは「詳細設定」のタブ。

20100816-12.gif

これはウチの番組設定なのであくまでも一例です。
だいたいデフォルトの設定で大丈夫だけど、「チャット」と「Social Stream」は
使い分けたほうがいいかも。
チャットは番組配信ページ内だけで視聴者がコメントする機能で、Social Streamは
Twitterなどの外部サービスを使ってコメントする機能。
私はTwitterメインでやりたいので、チャットはあえて使用禁止にしてSocial
Streamだけにしてます。

あとここでTwitterのアカウント入力をしておける場所があるけど、一長一短なので
使う際には注意。メリット・デメリットは以下の通り。

▼メリット
 アカウントを登録しておくことにより、常に自分の番組配信ページで
 ログインする手間を省いてSocial Streamを使えるようになる

▼デメリット
 Social Streamのログに、番組配信とは関係ない自分への
 Twitter @表示が全て読み込まれてしまう


私はこのデメリットが嫌だったので、あえてTwitterのアカウントは登録して
いません。毎回つぶやく時にログインするのがちょっと面倒だけどしょうがない…


とりあえず番組を作ってここまで設定すればおおむねOK。
いよいよ配信準備をしていきましょう。


今までの連載で解説した通り、キャプチャボード経由でゲームの画面を
取り込めるようにはなってるはず。次にすることはUstreamのチャンネルに
ゲームの映像を流し込むこと。

やり方は色々あるけど、今回はEASYと銘打ってる通り、もっとも簡単な方法を
紹介します。
簡単でかつ画質やフレームレートも一定の品質を保つことができる、オススメの
配信方法。

Ustream Producer

このページにアクセスしてアプリをダウンロード。
無料のやつと199$のProがあるけど、もちろん無料のほうでOK。
「MAC」または「PC」ボタンでダウンロードしましょう。


20100816-14.gif

起動するとUstreamのIDとパスワードを入れろというダイアログが出てくるので
さっき作ったアカウントを入力する。「Remember Username」にチェックを入れて
おけばIDは記憶できるけど、パスワードは毎回入れる必要アリ。


20100816-13.gif

ここからは上の全体画面を元に解説していきます。

まず①の「Live Input」で、Ustream Producerに流し込むソースを選ぶ。
20100816-15.gif

連載3回目まででキャプチャソフトで散々設定した「Decklink Video Capture」と
「Decklink Audio Capture」をとりあえず選べばOK。

うまく設定されていれば、②の所にIntensityでキャプチャしてるゲーム画面が
出てくるはず。出ない場合は設定した状態で一度Ustream Producerを再起動して
みてください。


画面中央がLIVE配信される画面。このままでは配信されないので、②にゲーム画面が
映っている状態を確認したら、②をクリックすればLIVE画面に拡大されたゲーム
画面が出てくるはず。

ここまで設定できたら、次は③の「Settings」で配信クオリティの設定。

20100816-16.gif

ボタンを押すといくつか選択が出てくるけど、ここは一番下の
「Best SD Quality 16:9」を選択する。これで一番キレイな画質になるはず。
ちなみに、199$のPro版ならここでHDが選べるんだけど…高いので論外。
上の設定でも十分配信は可能です。

ちなみに、ここの設定を変えた後も一応再起動したほうがいいかも。
このソフトは設定がすぐに反映されない事が多いので、一通り設定をいじったら
とりあえず再起動してみる、ということを試したほうがよさげです。

あとは④の窓に番組内容を簡単に記載し、「Update」を押して更新。
これは「今この番組で何をやっているか」というタイトルの部分になるので、
モンハンするなら「モンハンでただいまプレイ中」とか書いて、ゲームを
変えるたびにこまめに更新するのがよろしい。

全て設定できたらいよいよ配信!
⑤の「BroadCast」を押せばLIVE配信がスタートします。

自分の番組ページは前述のUstream webページから行くことができます。

20100816-17.gif

ここで「番組の配信ページへ」を押せばOK。
チェックするためにも、自分の番組ページは別途ブックマークしておくと楽。

なお、この画面の右にある「ライブを開始」ボタンは他の方法でLIVE配信を
行う時に使う機能です。
この使い方は連載の最後でたぶん解説することになると思うけど、とりあえず
Ustream Producerを使っている限りはこの機能は使わなくて大丈夫。
Producerが設定から配信まで全てアプリケーションでやってくれるので。マジ便利。

20100816-02.jpg

番組配信ページでちゃんとLIVE配信されてればOK。
これでとりあえずゲームのプレイ状況は配信できるようになったはず。

▼Ustream Producerオマケテク

 ・Mediaの「Add Image Shot」で何か画像を登録しておくと、配信中に
  インターバルを入れたりできます。一時的にゲーム画面を見せたくない時とかに
  切り替えて使うことができるのですごく便利。

 ・「Transition」は画面切り替え時のエフェクトを変えるだけなので、
  これをいじっても画質は変わりません。Smoothのままでいいかも。

 ・ファイル>環境設定 でデインタレースなどの設定を行うことができます。
  大していじれる項目ないけど…




あとはゲームの音楽だけじゃなくて、実況音声を配信に載せる方法だけど…

Ustream Producerの音声入力は1チャンネルしかできないので、普通のやり方だと
ゲームBGMとマイク音声を同時に配信することはできません。

そこで、オーディオミキサーや再生リダイレクトなどの機能を使ってミックスする
事になるんだけど…慣れるまでは結構難しいので、そのあたりのやりかたは
以下のページを熟読するとよろしいと思います。このサイトはホントにスゴイ。

あたまにきたどっとこむ


ただ、うちのPCだとなぜかProducerで再生リダイレクトを選ぶと音がおかしく
なるので、実はProcuderでミックス配信できてないんだけどね…
マイク音声をのっけない普通のゲームプレイ配信であれば問題なし。


さてさて、結構長くなってしまった連載記事も次回が最終回の予定。
次回の⑤では、Ustream配信HARD編を書きたいと思います。

今回書いたProducerを使わずに、さらに高画質・高音質で配信しつつ、Skypeの
音声をのっけて実況プレイをする方法などを書きます!(たぶん)




とっても参考になりました。
USTやろっかなーってところで、この記事の予告が出てたので待っていて、んで次は・・・HARD編待ちw
急かしはしませんのでー、待ってますっ
【2010/08/22 22:08】 URL | ぴよ #yjwl.vYI[ 編集]
ぴよさん>
 最近Ustにハマってますなーw 見た感じもうFMEでチューニングしてるようなので、HARD編は必要ないかもですがw
 一応近日中に書こうと思います…たぶん…w
【2010/08/24 18:32】 URL | なつき #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する




| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 なつきは、はいになった。, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。